05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
改正介護保険制度について
 
三度,「メイコのいきいきモーニング」(TBSラジオ)より

○「地域支援事業」の創設

・要支援や要介護に認定されない人,ちょっと身体が弱ってきている人等が対象
 (「特定高齢者」という名称だったか?)

・ハイリスク高齢者(→介護保険を使う予備軍)が,できるだけ保険を使わないようにいろいろしていく

・保健師がその人に合ったケアプランを作る.例えば,転倒予防教室など

・市町村の事業


以上です.実際文字にしてみて,誤解を招きそうな部分もあると思いながらも,大体はメモからそのまま起こしています.

メイコさん曰く,何もしなければ衰える,無理をせず楽しく身体の機能を維持できること.→それについては,“心身ともに”,と補足したいと思います.

この番組はWAM NET(ワムネット)を運営している福祉医療機構の提供ですが,財源のことなど,随分はっきり言うな〜という印象を持ちました.来週も同じテーマで地域包括支援センターのこと等を放送するそうです.起きてたら聞こう(^^;

昨晩は,同じくTBSラジオで,「みんないきいき 宮崎美子の介護保険」という番組をやっていたようです.ゲストの大沢逸美さんは最近この雑誌に載っていました.

メイコさん,何回かお休みで,調子が悪いのかと思っていましたが,お仕事だったようです.ハルカは最近全然追えてないのですがどうなったんだろ?終わっちゃった?

今回の改定については,都の広報(3月)に図入りでまとめてありましたので,そちらも参照されるとよいと思います(郵便局にも置いてありました).ネットだとコレかな?
 
auther:newdraumr, メモ, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
改正介護保険制度について
 
引き続き「メイコのいきいきモーニング」(TBSラジオ)より

○新たな予防給付の創設

・これまで「要支援」だった人 → 「要支援1」

・これまで「要介護1」だった人のうち,8割の人は「要支援2」となる.
 介護予防を行うことに対して理解ができる人,状態の維持・改善の可能性が高い人等が該当する.残りの2割の人は「要介護1」となる

○介護予防の内容

・やれることはやってもらう(てことは利用者状況の評価が大きな役割を持つ.そしてそれを現場で実施する体制をどう整えるか)

・(たぶん)訪問介護だったら,買い物,調理,掃除などを一緒に行ったりする.(最近「共同調理」という言葉を知りました)

・デイサービスだったら,介護予防に資することを行う.例えば,筋トレをしたり,口腔ケアの指導等,状態が悪化しないような支援をする

・支給限度額も低くなる

・生活機能を評価する項目が追加される

○介護予防のプランは誰が作る?

・今まではケアマネ → 地域包括支援センター(新設)

・地域包括支援センターは,人口2,3万人につき1ヶ所,市町村が設置.
 保健師,社会福祉士,主任ケアマネジャーを置く

・この中でとりわけ保健師が中心となってケアプランをつくる

・但し,従来通りケアマネに委託できる → 地域によって差が出る

つづく
 
auther:newdraumr, メモ, comments(0), trackbacks(1), - pookmark
改正介護保険制度について
 
メイコのいきいきモーニング」(TBSラジオ)より

「新年度を前に〜改正介護保険制度について〜」
2000年にスタートした介護保険制度が5年を経て改正される。新年度にスタートする介護保険制度の改正ポイントや狙いについて、制度に詳しい大阪市立大学大学院白澤政和教授に2週に亘って伺います。一回目の今週は、軽度の要介護者に対する予防重視型システムを中心に聞く。(出演:中村メイコ、神津カンナ)


あと一週間で制度が変わります.年度末,通常業務に加え,家族向けの説明会や書類のこと,手続きのことなど,どこも現場はかなり大変だと思います.
制度の詳細もギリギリまで国から情報がおりてこなくて,駆け込み状態.スタッフ向けの説明も聞いたりしてますが,まだまだ理解は十分とは言えず.2,3日前に都から電話帳より分厚い資料を送ってきたけど今送られてもなあ〜と思います(>_<)

そんなこともあって,おさらいのつもりでメモ.何分半分寝てる頭で布団の中で書いたので,字は滅茶苦茶だし,読めない..内容で抜けてる部分はご容赦ください.また,間違っているところは指摘していただけるとありがたいです.(文字にするとちょっとヘンなとこも大体はそのまま載せてます.後は私の下手な補足w)

○介護予防を重視したシステムへ

・利用者数の増加に伴って財源が伸びている(圧迫されている?).今後,団塊の世代が高齢期に入ってきても,制度が存続できるように改正を行った

・介護予防によって,(介護保険制度を使う)予備軍が,自立をして(介護保険を?)使わないで済むように.また,軽度の人は悪化をしないように

・(いつの時点か聞き逃しましたが)認定を受けた人のうち,軽度者(要支援の人?)が約半数を占め,ここが急激に伸びている.軽い人は抑え,重い人は厚くする

・制度を利用することで残存能力を減らした人もいる.身体を動かして,できることは自分でやる

つづく
 
auther:newdraumr, メモ, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
「いつどこ」ネット
 
昨年から「センター方式」という言葉を耳にするようになりました.「認知症の人のためのケアマネジメントセンター方式」の略称.

先日,私の勤務する会社がある自治体でも,事業者を中心に,センター方式に関する集まりの立ち上げがあり,資料を少し見せてもらったところ,「いつどこ」ネットというサイトが紹介されていました.「センター方式」で検索すると一番上に表示されます.
資料では思った以上に詳細に構成されていました.サイトから書式のダウンロードができるようです.

認知症の人のためのケアマネジメント センター方式の使い方・活かし方
 
auther:newdraumr, メモ, comments(0), trackbacks(1), - pookmark
 1/1PAGES 
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.