08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
そうそうこんな感じの
 
本が欲しかったんですよ.以前も書いたような気がしますが(そしてまた同じことを書きたいですが),介護福祉士になると,すぐステップアップ講座とか中堅職員向け講座になってしまうという印象がありますが,こういう基礎的な部分をもっと拡充してほしいと切に願います.介護職も選択の幅が欲しいのよポロリ

介護福祉士のための教養学1 介護福祉のための心理学
介護福祉士のための教養学1 介護福祉のための心理学


同じ著者の本.いずれ改めて取り上げたいと思います.

痴呆性高齢者が安心できるケア環境づくり―実践に役立つ環境評価と整備手法
痴呆性高齢者が安心できるケア環境づくり―実践に役立つ環境評価と整備手法


タイトルもサブタイトルも良いです.後ろの方だけパラパラ見ましたが,いいことが書いてありました.

コミットメント
コミットメント
 
auther:newdraumr, 書籍,雑誌, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
今頃やる気
 
鉛筆2編集中鉛筆2

になってます.が,月曜は出勤したらすぐ入浴なので(そしていつもギリギリに出社あせあせ)いい加減もう寝なくてはいけません.

そんなわけで‥
♪出足がよくないといつも教習所で言われてた♪
という歌を思い出して歌ってますたらーっ
彼女の恋人
彼女の恋人
槇原敬之
(画像がない‥orz)

昨日は久しぶりに大型書店に行ったので,介護系の雑誌をしこたま買い込んできました(じっくり読むに至らないのが悩ましいところです[:がく〜:]).

よく言われるのが,看護コーナーにはたくさん人がいるのに介護コーナーにはいないよね〜,という言葉.これを言われると悔しくて堪らないのですが,某書店では岡田さんのデカイ垂れ幕がかかっているし,

確かこの本↓
古武術介護入門[DVD付](古の身体技法をヒントに新しい身体介助法を提案する)
古武術介護入門[DVD付](古の身体技法をヒントに新しい身体介助法を提案する)
岡田 慎一郎

最近だって新人さんから本屋の介護コーナーの場所について聞かれたもんね,とか思いながら書棚へ.‥まぁ確かに人はいませんでした(今日のこの時間はね).自分も買っても部屋の肥やしなので大きなことは全く言えませんw

いろいろ目に付きましたが,すぐ忘れてしまうので,特に気になるものをブログに残しておきます.

ひとつは,
認知症と診断されたあなたへ
認知症と診断されたあなたへ
小澤 勲,黒川 由紀子

パラパラめくっていたら,いくら脳トレといっても計算ドリルなどやりたくないことを無理やりやるのは(やらせるのは)みたいなことが書いてあって,もう少し読みたいと思い,買おうかどうか迷いましたが,もう少し落ち着いてからにします.

もう一冊は,
介護を変えるDVDブック お風呂が生活を変えていく?入浴介護の技術と環境整備
介護を変えるDVDブック お風呂が生活を変えていく?入浴介護の技術と環境整備
上野 文規,下山 名月

上野さんの講座は一度受けてみたいと思っていますが,チェックをすることすら忘れてしまいます.ここに書けば少しは大丈夫だろうか?

雑誌についてはまた後日.ではおやすみなさい.
 
auther:newdraumr, 書籍,雑誌, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
何度も一を書く
 
週刊ヤングサンデーで連載中の「とめはねっ! −鈴里高校書道部−」(河合克敏)を見て思い出したこと(ちょっとネタバレあります).

以前,認知症対応型の施設を見学させてもらったことがありますが,そこは利用者がお客様として来るのではなく何かをしに来るというスタンスで,半日過ごして結構衝撃を受けた覚えがあります.

昼食をいただいて,それから何をするのかなと思ったら,利用者さんが先生になって書道を教わるというものでした.もちろん私が生徒.何度も何度も「一」を書いては直されの繰り返しでした.細かいところは忘れてしまいましたが,ちょうどこの雑誌を手に取った時にその時のことを思い出しましたたらーっ

「帯ギュ」を見て育った自分にとっては懐かしく思えるマンガです.単発の作品を目にしたこともありますが,この人の感性が好きなんだろうなぁ,きっと.

「一」から先に進まなかったのはどう見ても字が下手だったからです(今もですが汗).ちなみにその先生の場合は「一」の次は「十」,ではなくて「三」でした.

帯をギュッとね!―New wave judo comic (1)
帯をギュッとね!―New wave judo comic (1)
河合 克敏
 
auther:newdraumr, 書籍,雑誌, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
悪文
 
今朝のラジオで紹介していました.

悪文―裏返し文章読本
悪文―裏返し文章読本
中村 明

相変わらずの寝ぼけた頭で聞いていましたが,出てくる事例が自分にも思い当たるような細かい話で何だか可笑しくなってしまいましたたらーっ

それと,仕事で必要な大事な書類(例えば役所等への届出)にも当てはまるものがあると思いました.読んでも意味が分からなくて,結局電話をして聞いてみて初めて分かるというどうしようもなさ.それならそれで記入例みたいなものがあればいいのにそれすらもないという不親切さ(電話口では親切に答えてもらいますが,やはり文書でほしい),がどれだけ非効率で困るか,と要領の悪い私などは思うわけです.書類を出す側も受け取る側も,お互いにイライラするわけで,誰にとってもハッピーにならないという思いを強く持ちました.

ちなみに自分のことを棚に上げているのは言うまでもありません[:がく〜:]
 
auther:newdraumr, 書籍,雑誌, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
『新ブラックジャックによろしく』をスピリッツで
 
スピリッツに移籍してきた『新ブラックジャックによろしく』を読みました.
今回のテーマは人工透析でした.

ブラックジャックによろしく:スピリッツで続編連載へ ライバル誌から“移籍”
1月9日11時41分配信 毎日新聞 まんたんウェブ

 医療現場で奮闘する研修医の姿を描き、人気を集めた佐藤秀峰さんの漫画「ブラックジャックによろしく」の続編が22日発売の「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)から、「新ブラックジャックによろしく」として新連載されることになった。同作は、05年末まで「モーニング」(講談社)で連載されており、ライバル誌への人気漫画の“移籍”は極めて異例。

 同作は、名門医大を卒業した研修医・斉藤英二郎が、さまざまな医療現場で、医療体制の矛盾や人間の生死に直面しながら、医師として成長する姿を描いた人間ドラマ。02年の連載開始以来、綿密な取材に基づいたリアルな医療の描写などで、「第6回文化庁メディア芸術祭マンガ部門」で優秀賞を受賞、単行本13巻までの累計発行部数は1000万部を超えた。03年には、俳優の妻夫木聡さんの主演でテレビドラマ化(TBS系)もされ、話題を集めたが、05年末の「精神科編」の終了で、連載が中断していた。

 連載開始は、6日発売の同誌6、7合併号の次号予告で発表され、「その『闘い』は……終わっていない」「あの名作の続編がスピリッツで始動」と紹介されている。【渡辺圭】
 
auther:newdraumr, 書籍,雑誌, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
聞き書きのお供に
 
開始年は,上から,明治40年,昭和元年,1920年.明治からのがもちろんいいです.こういうのを使うと思い出しやすいだろうし,聞く方にとってもヒントや糸口になるかも.別に聞き書きだけじゃなくても通常のコミュニケーションにも使えますね.近現代史の勉強にもなるか.学校じゃここまでやった覚えがないからなあ.

書き込み年表式自分史アルバム
書き込み年表式自分史アルバム

生きてきた証を綴る自分史ノート―書き込み式
生きてきた証を綴る自分史ノート―書き込み式

脳を活性化する自分史年表 愛蔵版
脳を活性化する自分史年表 愛蔵版
 
auther:newdraumr, 書籍,雑誌, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
本屋にて
 
介護が裁かれるとき
介護が裁かれるとき
横田 一

↑ドキッとするタイトル.介護事故について.岩波書店から.


ユニットケアという幻想―介護の中身こそ問われている
ユニットケアという幻想―介護の中身こそ問われている
高口 光子

こちらもドキッとするタイトル.冒頭のケース検討会のところを読んで唸りました.
 
auther:newdraumr, 書籍,雑誌, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
2年越し.やっと読めた‥RX青山の本
 
力愛不二(りきあいふに)―介護に必要なもの、それは愛と力
力愛不二(りきあいふに)―介護に必要なもの、それは愛と力
青山 幸広

PCというかwordが不調で全く動かず,デフラグやら何やらしていたので,その間に大体読みました.彼のセミナーに出たこともありましたが,今までどうしても読む気にならなかったのです.読んでいて何度か目頭が熱くなりました.

wordは相変わらず固まったままです.新しいのを買わなくてはいけないかなー

今日は介護福祉士国家試験の日でした.受験した皆さん,お疲れ様でした鉛筆2
 
auther:newdraumr, 書籍,雑誌, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
小笠原喜康 『議論のウソ』
 
議論のウソ
議論のウソ
小笠原 喜康

タイトルに引かれてAmazonのカスタマーレビューを見て更に興味が湧きました.

メディアで見聞きするミクロマクロの事柄から,職場でのちょっとしたやりとりまで,受信し発信する上で参考になりそうな気がしました.
 
auther:newdraumr, 書籍,雑誌, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
小規模事業所関係者は必読の本
 
「小規模多機能」の意味論―すでにあった、もうひとつの福祉システム
「小規模多機能」の意味論―すでにあった、もうひとつの福祉システム
岩下 清子,島田 千穂,佐藤 義夫

何となく取っ付きにくい印象があって(失礼!)ずっと読まずにいましたが,さっき何となく目についてたまたま手に取った本.

「井戸端げんき」や「このゆびとーまれ」等,著名な事業所も紹介されています.

小規模事業所で働いてるスタッフ,管理者
壁にぶつかっている人

小規模事業所に興味がある人,働きたい人

小規模事業所を立ち上げたい、起業したいという人

にお勧めです.

特に今実際に働いている人にとっては,日頃モヤモヤと考えていることが文字化されていて,読んでいて面白いと思います(読みやすいし).また,自分の職場のことをズバリ言われている気分になるかもしれません.ただ同じ職場でも,人によって感想が違っていたというのが面白いと思いました(当たり前といえば当たり前のことですが).

大規模事業所で働いている人にも関心が持てる内容だと思います(そういう記述もある).

制度をつくる側にいる人にもぜひ読んでもらえると,できればこの本を読んで実際に現場に足を運んでもらえるともっといいのかなと思います.
 
auther:newdraumr, 書籍,雑誌, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
 1/1PAGES 
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.