09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
It's automatic
 
<< 節分も終わらないうちから | main | 恐怖の流行 >>
先日のエントリでも書きましたが,入浴介助について.レベルが知れるというものですが,未熟者のやることだと思って聞いて(見て)ください.

背中を洗うことについては,職員がタオルに石けんをつけて泡立てたら,いきなり背中にいかないで,まず渡してみる.と結構洗える方が多い.

寒風摩擦の要領でできる人もいるし,ちょこちょこと腰の辺りだけ洗う人もいる.声かけでできる人もいる.足りない場合,希望があった場合は職員が手伝う.

桶も手の届くところに置くと割合自分でかけることが分かった(もしくは声かけ).またはシャワーを持ってもらう.自分でした方が気分もすっきりさっぱりする,と見ていて思った.今までは私が一方的にシャワーをかけていた.こっちの都合.

さて,背中に触る機会がもう一回ありました.それは浴室から出るとき.水気を取るのに前は自分でやるとしてもここでも自動的に「背中拭いときますねー」
‥ orz

ここでもやってもらうことはさっきと一緒.

少しずつでも積み重ねることと,一人がうまくいったら,他の人にも広げていって試行錯誤するのがいいのかなと思いました.

ただし,どれだけ時間をかけられるかですかね.それも業務の流れ的に.今は十分に時間をとってもらっていますが,やはり頭の隅には焦りの気持ちが.また,特にこの時期は寒いので自分でしてもらう部分をどこまでのラインにするか,まではちょっと難しいです.

あと,個人的には現在の入浴介助の単位はちょっと,という気がしています.

まあそれらはともかく,本人はもちろんでしょうが,あれやこれやできることが分かるとこちらも嬉しい.「おお!」と思うけど,できることを「奪っていた」のは自分だったということにも気が付きます.

そんなわけで最近は,入浴介助中,この曲が脳内でかかるようになりました.
Automatic/time will tell
Automatic/time will tell
宇多田ヒカル,西平彰,磯村淳,森俊之,カラオケ

入浴以外ではゴミ捨ての場面がやはり自動的になりがちです.よかれと思ってしていることが自発性を奪ってしまうこともある.ということを考えるだけのゆとりがないのよね.
 
auther:newdraumr, -, comments(2), trackbacks(0), - pookmark
スポンサーサイト
 
 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
Comment
 
初めまして。笑わせてなんぼの介護福祉士のJUNKOです。私も入浴介助の際、なるべく利用者さんに自分で洗髪洗身して頂くよう声掛けをしています。
しっかりした利用者さんには水道やシャワーの使い方を一々説明し、手を出さず見守っています。
先日、着衣失行のある利用者さんに「順番に着て下さい」と服を1列に並べたところ間違えずに着ることが出来ました。「理解出来る部分」と「出来ない部分」機能的に「動かせる部分」と「動かせない部分」等を見極め個別に的を得た声掛け援助を行いたいものです。
仰る通り、「試行錯誤」は大切な学びですよね。
JUNKO, 2007/02/06 8:41 PM
JUNKOさん,コメントありがとうございます!

見極め,今ちょうど書き出していることがあるので,コメントしてくださったことも参考にさせていただきます.
今までやってきた自分の発想を切り替えるのも難しいと思うところです.

> 水道やシャワーの使い方を一々説明し、
一々,は大事ですね.気づいたところからちょっとずつやっていこうと思います.
newdraumr, 2007/02/07 12:01 AM









 
 
Trackback URL
 
トラックバック
,
 
 
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.