06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
快歩主義のポスター発見
 
<< ピック病の記事(朝日新聞) | main | 脳を鍛える >>
薬局に行ったら快歩主義のポスターが貼ってありました.

介護職にはおなじみですね.読み方は「かいほしゅぎ」でよかったです.
また,グッドデザイン賞受賞とありました.

丸ごと洗える,というのは知りませんでしたが,サイトには丁寧なお手入れ方法も掲載されていました.

ユーザーの立場からすると,全国取扱協力店の検索ができたり,あるいはネットショップで購入できる点がいいですね(リンクが分かりづらいですが‥).

動画を見て思い出しましたが,デイでも靴の着脱の際に立っていただいている方がいます.立ったままだと危ないから,と座るよう促してしまいがちですが,自宅玄関のスペースの関係でそうしている方は,デイでもできる限り自宅と同じ状況で対応しないと,という考えです.そうでないと,老老介護の場合,やはり配偶者の負担を増やしてしまう面もあると思います.最初言われたときは危ないのではと戸惑いましたが,今は割と納得して対応しています.

老老は“ろうろう”だと変換されないですね.
 
auther:newdraumr, -, comments(2), trackbacks(0), - pookmark
スポンサーサイト
 
 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
Comment
 
 HPあるんですねえ。購入もできるとは便利。介護用品ショップとか、ケアマネさん通じてしか買う事ができないのではと思い込んでたので、驚きでした。

 自宅と同じ状況で対応するというのは大事ですよね。ただ、自宅での対応があまりにも杜撰だったり、こうしたらいいのにとはがゆく思うことも多いです。介入の度合いが難しく思います。
iso, 2007/02/28 9:09 PM
isoさん,こんばんは.コメントありがとうございます.

> 介護用品ショップとか、ケアマネさん通じてしか買う事ができないのではと思い込んでたので、驚きでした。

そうですね,私も偶然ポスターを見つけなかったらそう思ったままだったと思います.

先日,三好春樹氏のセミナーで,家族がしている大変な介護に対して「これは楽ですよ」と提案することが,その人の生活習慣を壊すことになる,介護職がすべきなのはまずそのやり方を応援することではないか,みたいな話をしていました.

自宅と同じ状況,ということについてはケースバイケースだと思いますが,迷いが生じるところでもあります.
newdraumr, 2007/02/28 9:37 PM









 
 
Trackback URL
 
トラックバック
,
 
 
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.