08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
セミナーに出る理由
 
たぶん,映画や芝居やコンサートなども同じだと思いますが,講師の,そしてそこにいる聴衆のエネルギーをもらってくる,その場,空気に身をおいて影響を受けてくる,ということが私にとっては大事です.だから私は本を持っていて,たとえ同じ話を聞くと分かっていたとしても,時間とお金を使ってできるだけ聞きに行きます(今はそれができる状況というのも大きいですが).極端な話,内容は二の次でもいいとも思っています.結果としていい内容であればもうけもん.自分にとって,いいセミナーかどうかはそこが基準になるのではないかと最近思い始めました.
 
auther:newdraumr, -, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
「給料格差大図鑑」
 


電車の中刷りを見ていたら,このコピーが目に飛び込んできました.介護業界の人間にとっては刺激的すぎるタイトル&内容かもしれません[:がく〜:]
そういえばちょっと前の「SPA!」では介護職の給料のことが載っていました.
 
auther:newdraumr, -, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
野球から学ぶこと
 
違うチームのファンとしては,ちょっと書きづらいのですが‥たらーっ

野球のコラムを聞いていて,巨人の高橋尚成投手(32)について,後ろに回って変わった,全体が分かるようになった,というようなコメントがありました.“後ろ”というのは昨年抑えを経験したことを指すようです.

あと,小笠原の加入は大きい,とも.チームの中心となる人が周りに与える影響のことだと思います.

スポーツのコラムを一週間に一度聞く機会がありますが(寝過ごしてなければ),チームケアが叫ばれる介護職場にとってこれほどいい教材はないのではと常々思ってます.野球もそうだし,サッカーも取り上げられることが多い分同じことが言えます.ラグビーなどもよく本が出ていますね.選手のメンタル面のことも参考になることが多いです.発達しているところから学びたいと思います.
 
auther:newdraumr, -, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
「処方せん様式変更、後発薬を優先使用」
 
処方せん様式変更、後発薬を優先使用

来年度改定目指す
 厚生労働省は、新薬と有効成分は同じだが価格が安いジェネリック医薬品(後発医薬品)の普及を促進するため、医師が患者に薬を処方する際、これまでは新薬の使用が「標準」だったのを、後発医薬品を「標準」に転換する方針を固めた。

厚労省、医療費抑制狙う
 処方せんの様式を改め、あえて新薬を選ぶ場合は、医師が処方せんに理由を明記することを求める方向で検討する。増え続ける医療費を抑制するのが狙いで、2008年度からの実施を目指している。

 現行の処方せんは新薬が基本だが、06年度の診療報酬改定で、「後発品への変更可」という欄が追加された。欄に医師の署名があれば、薬局などで後発医薬品の処方が増えると期待されていた。

 しかし、中央社会保険医療協議会(中医協、厚労相の諮問機関)が06年10月時点の処方せん約97万枚を無作為抽出して調査したところ、欄に署名があり、さらに実際に後発医薬品が処方されたケースは全体の1%未満の約9500件にとどまった。厚労省は「欄の追加だけでは普及効果は薄い」と判断し、処方せんの様式を大幅に見直すこととした。

 後発医薬品の価格は、新薬の7〜4割程度が中心だ。中医協の調査でも、後発医薬品を処方した場合、新薬よりも薬剤費が平均して約34%安くなった。アメリカやドイツなどでは、使用される医薬品の4〜5割程度が後発医薬品で、日本でも欧米並みに普及すれば、年間1兆円程度の医療費の抑制が可能とされている。医療費は国、医療保険、患者が負担しており、それぞれの負担が軽減される。

 変更が実現すれば、新薬を選んだ場合、医師から患者への理由の説明も必要になりそうだ。

 新薬の特許は、おおむね20〜25年で、その間は開発した製薬会社の利益が守られる。しかし、新薬の開発費は数百億円とも言われ、世界の巨大製薬会社との開発競争が激化していることから、大手製薬会社には、「国は後発医薬品の普及よりも、新薬に高い薬価を認め、画期的な新薬の開発を促進するべきだ」という意見も根強い。

 一方、後発医薬品を扱うのは中小の製薬会社が多く、〈1〉流通量が安定せず、仕入れが難しいケースがある〈2〉国民へのPRや医師への説明が十分でない――などの指摘もあり、見直しによる普及効果は未知数な部分もある。

 処方せん様式の変更は、中医協で、08年度の診療報酬改定の一環として議論される。

(2007年4月22日 読売新聞)
業界の影響とかありそうなのによく決まったなというのが感想.後発薬というのがあるということは「きょうの健康」で知りました.いろいろ事情があるんですね.ただその情報が流通することが必要なので,よい記事なのかなと思います.
 
auther:newdraumr, ニュースから, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
「ADHD発症児、母のたばこ影響か」
 
ADHD発症児、母のたばこ影響か

喫煙率が一般の2倍
 落ち着きがないなどの症状が表れるADHD(注意欠陥・多動性障害)の子どもの場合、母親の喫煙率が同年代の女性の2倍程度高いことが、大阪府の小児科医の調査でわかった。

 母親の喫煙とADHD発症との関係を示す研究は、これまで海外ではあるが、日本では初めてという。

 ADHDは、生まれつきの脳の機能異常による発達障害とされ、集中力がない、衝動的な行動をするなどが特徴。治療経験の豊富な大阪府寝屋川市の小児科医院の安原昭博院長が、小児患者の母親167人に喫煙歴などをアンケートした。

 その結果、喫煙経験は47%にあり、妊娠時にも35%が喫煙していた。特に出産時の年齢が20〜24歳の母親では、喫煙率が88%にのぼった。

 一般の出生児を対象にした厚生労働省調査では、母親の喫煙率は17%、うち20〜24歳は35%で、ADHD児の母親は2倍程度高い。安原院長は「ADHDには遺伝的要因もあるが、母親の喫煙も関係があると考えられる。妊娠が分かってから禁煙したのでは遅い可能性がある」と話す。京都市で21日開かれる子どもの防煙研究会で発表する。

(2007年4月20日 読売新聞)
ADHDと聞くと反応してしまいますひやひや

片づけられない人のための仕事の本
片づけられない人のための仕事の本
リン ワイス
 
auther:newdraumr, ニュースから, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
「変わる福祉:介護保険のケアプラン 注目集める自己作成 /宮城」
 
変わる福祉:介護保険のケアプラン 注目集める自己作成 /宮城
4月22日13時1分配信 毎日新聞

 ◇経験者を呼び住民らの勉強会進む
 通常、ケアマネジャーが作成している介護保険のケアプラン。自分で作成できることはあまり知られておらず、仙台市内でも実践しているのは3人。制度改正により介護予防のケアプランの作成が集中したことなどを背景に、自己作成が注目を集めている。県内でケアマネジャーや住民が経験者を呼んで勉強会を開いた。【小平百恵】
 自己作成は「マイケアプラン」や「セルフケアプラン」と呼ばれる。「全国マイケアプランネットワーク」(東京都)によると、全国で約2000人が自己作成している。昨年4月の改正後は自治体からの問い合わせが増えたという。島村八重子会長は「地域包括支援センターがパンク状態なのでしょう」と話す。
 同センターは同月にスタート、介護度が軽い要支援者の介護予防ケアプランを担当する。東京都府中市が直営するセンター(職員19人)で扱うプランは月350件。昨年夏ごろから自己作成支援を始めた。高齢者の話をセンター職員が書き取るなど試行錯誤を続け、現在、約60件になる。
 市高齢者支援課の芦川伊智郎担当主幹は「包括が楽になるというのではなく、利用者の意識が変わる意義が大きい。介護保険の利用者でも制度を理解している人は少なかった。人任せにしないからか意欲的になる」と効果を話す。島村会長は「自分がサービスを選ぶので納得ずくで不満がない。要支援と要介護でケアマネが代わる煩雑さもない」と利点を話す。
 県内の自治体の動きは鈍いが、塩釜市内の高齢者問題グループ「楽しいシニア塾」が3月10日、マイケアプラン作成の勉強会を開いた。4年間自己作成している経験談を聞いた後、架空の事例をもとにマイケアプランを作成する家族会議をロールプレー(役割演技)。当事者のお年寄りの生活実態や性格、将来の希望などをふまえて、家族や知人ができること、介護保険サービスを利用する部分を具体的に話し合うことができた。
 全国ネットの会員でもある仙台市花京院地域包括支援センターの及川千恵子所長は「利用者にケアプランの中心は自分だと理解してもらえるきっかけになる。できそうな人には勧めたい」と話す。
 島村会長は「重要なのはケアプランを誰が立てるかではなく、利用者の生き方を中心に据えること。利用者とケアマネジャーがプランを相談して立てられるようになれば」と話している。
………………………………………………………………………
 ■ことば
 ◇ケアプランの自己作成
 介護保険を利用する高齢者や家族が、自治体に届け出てケアプランを作成する。自己責任でサービスを選び、事業者も探して直接契約。担当者が集まる会議も、利用者が招集して開く。ケアプランは自治体に提出し、チェックを受けた後、サービスが提供される仕組み。要支援の介護予防ケアプランでは、地域包括支援センターが届け出を受け、チェックをすることもできる。

4月22日朝刊
島村さんの文章に感銘を受けて以来のファン(!)ですわーい
 
auther:newdraumr, ニュースから, comments(0), trackbacks(1), - pookmark
本屋のCSR
 
本屋好きとしてはこういう言い方はしたくないのですが‥

介護系雑誌なり,書籍なりを置いている本屋が少ないです.小さい所は仕方ないとしても,駅前にあるような少し大きめの本屋までそんな状況でとてもがっかりしました.結局ターミナル駅まで出ないと買うことができないということです.

定期購読やAMAZON等でポチッとすればいいというのとはまた別の話.

健康コーナーで,かろうじて「ほっとくる」を見つけました(が,今日見たかったのはそれじゃない).血液型占いというのを見て笑いましたが,それは別として‥

どうも介護はまだまだ特別なものという意識があるように思えてなりません(本屋の品揃えは社会を映す鏡といったら言いすぎ,か‥).例えば,育児コーナーと比べるとその非充実具合が分かるというものです.買う人が少ないのかもしれないし(高いしねw),買わないものは置いておけないというのも理解できますが.

それにしても,本屋には本屋としての社会的使命,CSR(Corporate Social Responsibility)があるんじゃないかなー,と思います(使い方は適当じゃないかもしれませんが,他の言い方を思いつかない).

事情も知らないで一方的に失礼しました[:がく〜:]
 
auther:newdraumr, -, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
看護師の求人
 
求人誌を眺めてますが,見る限りでは看護師の求人が増えている気がします.ニュースで聞いたり,現場の人の声を聞いたりはしていましたが,最前線(求人誌)で実感したのは初めてです(たまにしか見ないしね).

特に経営基盤の強固なところが“大攻勢”をかけていますたらーっ
全員持って行かれてしまいそうな勢いです.あとは働き甲斐とか相性ですかね.

あと前から気になっていましたが,“残業なし”が謳い文句で出るということは‥
 
auther:newdraumr, -, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
副施設長考
 
今まであまりそういう立場の方というのは見たことがなかったのですが(ナンバー2という意味ではなく,あくまで“副”施設長),最近そういう肩書きの方が活躍されているのを聞き知ったり,目の当たりにしたりして,考えるきっかけになりました.

まず考えるのは,給与的なことです(よね?).社会保障費が伸び,介護報酬が抑えられ,という現状で,なぜあえて副施設長なり副園長なりを設けるのか.財政基盤が強固であることは言うまでもありません.基準でいえば,施設長=管理者(本当は施設長という呼称はない方がいいと思ってる)は必要ですが,副管理者というのはないので,その設置は施設のどういう意思が働いているのか,興味があります.内部昇格なのか外から招聘したのかによっても違うのでしょうね.

では,その働きぶりというか役割はどんなものなのか?

かなりズレますが,会社における会長と社長みたいなものなのでしょうか?会社によっては,社長は経営を担い,会長は財界活動をする,みたいな.違うか‥

“考”は大げさでしたたらーっ
 
auther:newdraumr, -, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
「公団住宅、福祉と一体化 空室活用し介護施設や診療所」
 
公団住宅、福祉と一体化 空室活用し介護施設や診療所

団塊の高齢化に備え
 厚生労働省と国土交通省は、大規模公団住宅などに高齢者が安心して住み続けられるよう、福祉と住宅を一体化させた取り組みを始める方針を固めた。

 空き店舗や空き住宅を、高齢者の生活に欠かせない医療・介護の場として活用するほか、低層階への住民の住み替えも進める。両省は、今年度中にモデル事業を始動させ、団塊の世代の高齢化で介護ニーズも高まるとされる10年後を目標に、高齢者の街づくりを進めていきたい考えだ。

年度内にモデル事業
 構想によると、団地にある空き店舗や空き住宅に、認知症高齢者向けグループホーム、デイサービスや泊まり、訪問介護など様々なニーズに対応する小規模多機能型居宅介護事業所などの介護施設を誘致。また、訪問看護ステーションや、24時間対応の在宅療養支援診療所などにも入ってもらう。高齢者向けのメニューを用意したレストランなど、暮らしに必要な事業を展開するよう、NPO(非営利組織)などに呼びかける。

 一方、住宅部分については、エレベーターは設置せず、バリアフリー化した低層階に住み替えてもらい、住民が長く暮らせるようにする。緊急通報装置が備えられ、連絡を受けた提携タクシー会社から、ヘルパー資格を持つ運転手が運転するタクシーが急行する。

 対象としては、都市再生機構(旧日本住宅公団)が開発した大規模団地のうち、昭和40年代(1965〜74年)に造成された約32万戸分を想定し、多摩、千里ニュータウンなどが含まれる。両省は、その後、他の公営住宅にも拡大し、ニュータウンのない中規模都市でも、地域の事情に応じた政策を展開する方針だ。

 事業所を誘致する際には、当面、グループホーム開設に1500万円を交付する制度など、両省にある既存の補助金を活用する。このほか、新たに補助金制度を作り、08年度予算に費用を計上することも検討している。

 政府は、増え続ける医療・介護給付費を抑制するため、費用がかかる特別養護老人ホームなどではなく、高齢者が長く在宅で生活できるような体制づくりを進めている。今回の取り組みもその一環で、大多数を占める中間所得層の老後の安心を確保したい考えだ。

(2007年4月20日 読売新聞)
統一地方選では,特養ホームの建設を推進する,という主張をよく耳にします.
それについても聞きたいことはたくさんありますが,介護従事者としては,こういう動きも押さえておかないといけませんね.
 
auther:newdraumr, -, comments(0), trackbacks(2), - pookmark
<< 2/24PAGES >>
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.